ばっは51のビール歩き

ビールのあれこれ話します。

ホップの季節

ビールの原料で欠かすことのできないホップ。8月後半から9月にかけては、ホップの収穫時期ですよね。この時期、ホップの栽培地域では収穫を祝ってお祭りがあったり、ホップ摘み取りツアーなんかをやっています。まだ行ったことは無いのですが、そのようなイ…

訪問記20 森鴎外記念館、谷中ビアホール ~千駄木、谷中

なんで森鴎外記念館?と思ったでしょうか?実は、今、千駄木にある森鴎外記念館で「文学とビール」というタイトルで企画展を開催しています。 森鴎外は「高瀬舟」や「舞姫」で知られていますが、ビールという切り口では、「ビールの利尿作用について」という…

麦酒礼賛60 - PHASER HAZY IPA ~ECLIPTIC

やって来ました、NewEngland(NE) IPA! オレゴンからです。酵母など無濾過です。注ぎ方に注意。最後はトロっと、酵母とホップが。。 大麦麦芽の他に、オーツ麦と小麦が使われています。ホップは、Citra, Azacca, Mosaic, Motueka, Calypso ゆっくり飲んでも、…

ビアテイスター 合格。

随分前に受講・受験した地ビール協会のビアテイスター認定試験。 忘れたころに、結果が送られてきた。 合格。 何点だったんだろう。それが気になる。。 ひたすらテイスティングの講習会を受けた後の、試験は結構きつかったけど。 問題はそれほど難しくは無か…

麦酒礼賛59 - Henry Jagger ~Mikkeller

遅ればせながら、初ミッケラーです。先日、たまたま手に入り、どきどきしていただきました。 ご存じの方も多いと思います、このMikkeller。ファントムブルワリーで自前の醸造所を持たず、委託して作ってもらうんですね。 このHenry Jaggerは、ノルウェーなの…

訪問記19  高尾ビール 恩方(おんがた)ブルワリー・ボトルショップ  ~八王子 恩方

なかなか来れなかったのですが、何とかタイミングが合って行ってきました。 JR中央線の高尾駅まで行って、北口の西東京バス1番乗り場でバスにのります。 (霊園32ってやつ。それ以外でも「川原宿大橋」バス停で降りて行けます。) そこから、バスで15~20分…

麦酒礼賛58 - DEAD PONY CLUB ~BREWDOG

あ~~~、うまい。 シムコー、シトラ、モザイクで素敵な柑橘のハーモニーを奏でています。セッションペールエールなんで、ABVは3.8%と低いのですが、ヘイジーなトロっとしたフィールなので、飲みごたえ&幸せ感満載です。 パンクIPAが好きな人は多いかもし…

麦酒礼賛57 - 諏訪浪漫 しらかば ~麗人酒造

いわゆるケルン「ケルシュ」タイプのビールです。インターナショナル・ビアカップ2018のケルンスタイル・ケルシュ部門で銀賞受賞してるんですね。 ケルシュ風のビールは、あまり好きだって人は聞かないんですけど、私は結構好きなスタイルです。前に近くの酒…

麦酒礼賛56 - FIRST CROSSING ~SVB

「渋谷一号踏切」SVB東京が開業した場所だ。そんな意味が込められた「FISRT(一号) CROSSING(踏切)」伝統と革新が交錯するアンバーエールに仕上げている。 自分の中で、どのビアスタイルが好きかな、と思った時に、上位に食い込むのが「アメリカン・アン…

麦酒礼賛55 - 瑠璃(Ruri) ~COEDO

私は基本エールなんですが、たまにはラガーも飲みます。日本の大手のビールも飲みますが、やはりこれです。 COEDOの「瑠璃(Ruri)」 ピルスナーで、グラスに注ぐと真っ白な泡がもこもこと印象的です。飲むとスッキリで何にでも合う。でも、ちょっと後味が普…

Loveなビール No.4  ~よなよなエール ヤッホーブルーイング

「もう一人の自分にであうこの時間。ようこそクラフトビールの世界へ。月の不思議な力は、いつも私たちの世界に影響をあたえている。よなよなの月の光は、ほどよい底力で私たちの気分を変えてくれる。いつまでも続く鮮やかなホップの香りと複雑な味わいで、…

麦酒礼賛54 - Premium YEBISU THE HOP ~サッポロビール

エビスの「ザ・ホップ」ネーミングからすると、さぞかしインパクトのあるアロマなんだろう、と思っていましたが、いや~、上品ですわ。 ハラタウとザーツ。確かに普通のエビスよりかは明らかにホッピーです。でも、その度合いが、「ほのか」なんですよね。い…

麦酒礼賛53 - TOKYO BLUES GOLDEN ALE ~石川酒造

人生山あり谷あり。いい時もあれば、悪い時もある。そんな東京の人達に寄り添いたい、というコンセプト。ブルースで自分の魂を叫びとしてを歌い上げ、その片隅にこのビールを置いて。 ゴールデンエールって言うので、明るい感じを予想していたら、派手ではな…

訪問記18  マルヒノ  ~日野

大人も年齢を重ねてくると、ふと一人でゆっくり飲みたくなることないでしょうか。そんな人にピッタリの隠れ家的な場所「マルヒノ」。 日野駅からちょっとあるけど、水路を横目に散歩がてら行ってみるといいかな。女店主のこだわりの店。女店主と言ってもまだ…

訪問記17  BeerFes東京2019  ~恵比寿ガーデンプレイス 「ザ・ガーデンホール」

けやきに行こうか迷ったけど、今回はこちらに来ました。 多種多様なビールを試飲できる、という誘惑に負けてしまいました。。 でも、そんなに飲める方ではないので、かなり限定されてしまう。。それでも、15種類くらいは飲んだかな。 私的には、ケルシュを比…

麦酒礼賛52 - 僕ビール、君ビール。満天クライマー ~ヤッホーブルーイング

きました~。Brut IPA(ブリュットアイピーエー) !いち早く挑戦ですね。ヤッホーさん。 柑橘系のアロマがしっかりとあり、ホップの苦みがいいバランスできいてて、それでいつものIPAならボディが来るぞ!と思いきや、後味がスッと消える。 凄い切れ味。なん…

訪問記16  TOYODAクラフトビールまつり2019 ~日野豊田

今年も開催!なんと二日間になりました!どんどん盛り上がってますね。 2日間の出店ブルワリーは、こんな感じ。 【25日】石川酒造、10ants Brewing、ふたこビール、Izumi Brewery 【26日】石川酒造、SHARED BREWERY、イサナブルーイング ふたこさんとIzumiさ…

訪問記15  石川酒造「雑蔵」 ~福生

お酒ワンダーランドの石川酒造。その石川酒造には史料館「雑蔵(ぞうぐら」があります。 1898(明治31)年に建てられた土蔵(国登録有形文化財)の2Fです。江戸時代からの石川酒造の歴史や、酒造り、ビール醸造に関する貴重な史料が展示されています。余談ですが…

訪問記14 BRUSSELS BEER PROJECT  ~新宿

憧れのブラッセルズに初訪問。本当は神田に行きたかったけど、ちょっとあってあえて新宿にした。ベルギービールと言えばブラッセルズ。奥深い世界の入口。入ってみよう。 まずは、この外観。素敵すぎますよね。 夕方早い時間だし、山下公園でベルギービール…

麦酒礼賛51 - スクログ・グロッグ REVISION

This is a HazyIPA! シトラ、モザイク、ギャラクシーといった今をときめくホップに、少ーし、乳糖を加えて、幸福感増し増しにしたREVISIONのヘイジーIPAです。さまざまなフルーツの華やかなアロマと、とろっとした感じ、さらに乳糖の甘さが素晴らしいハーモ…

訪問記13 宇奈月麦酒館 ~富山 宇奈月

宇奈月ビールは、富山の東側で唯一頑張っている地ビール(クラフトビール)醸造メーカーで、このGWに縁あって現地の麦酒館を訪問できました。 私は宇奈月ビールのケルシュ(十字峡)とアルト(トロッコ)が好きで、たまに飲んでいます。 宇奈月と言えば、全…

ナイトロの泡模様(カスケード泡)ができる原理 ~キリン x 大阪大学

ギネス缶が窒素ガス封入されているのはご存じと思いますが、そのおかげで缶でもナイトロで注いだ時と同じような状態となります。 ナイトロで注いだビールは、目で楽しい、クリーミーな泡で飲み口でまた楽しい、もちろん味も嬉しい、といろいろ楽しめますよね…

麦酒礼賛50 - BREWDOG ELVIS JUICE

GRAPEFRUIT INFUSED IPAです。グレープフルーツだけでなくオレンジも入れて仕込んでますね。 ジュースって言っても、日本で言ういわゆる「ジュース」なんて感じじゃないですよ。あくまでも、IPAです。名前で勘違いしてはいけません。アルコール度数も6.5%あ…

訪問記12 VERTERE (バテレ) ~奥多摩

VERTERE (バテレ)JR奥多摩駅そばに、ひっそり佇むブルーパブです。 タップルーム+売店 と カフェに分かれています。 タップルームは駅前から見えます。グレー基調なのでちょっとわかりにくいですが、高感度な感じでいいですね。 カフェは、タップルーム横…

麦酒礼賛49 - フルセイル アンバー

米国の古株ブルワリー、フルセイルのアンバーエールです。 ビールの好みって、人それぞれですが、あまりこのあたりのSRMのビールは好きって聞かないですが、私は結構好きだったりします。はい。元々は常陸野さんのアンバーエールなんかを飲んでたんですが、…

麦酒礼賛48 - 伝説のホップ SORACHI 1984

いよいよ、一般小売に出始めましたね。SORACHI 1984。 心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。 日本が誇る伝説のホップ「ソラチエース」。今、復活の狼煙が上がった、とでもいいましょうか。これからの時代、日本のクラフトビールってなんだ?と聞…

麦酒礼賛47 - Saison Dupont セゾンデュポン

ベルギー第2弾。セゾンデュポンです。飲みやすい! その一言です。ドリンカビリティが優れている、というんでしょうかね。 アルコール度数は6.5%あるけど、すいすいいけちゃう。この330ml瓶だと、「一瞬」で終わります。これだと、大瓶の方がいいかなと思い…

訪問記11  Beer Dialogue ~石川酒造

ビアジャーナリストの小暮さんが企画してくれたイベント「Beer Dialogue」。福生の石川酒造さんで開催されました。(やっと書けました。) こんなワクワクするイベントは久しぶりです♪ 行ってきました~。イベントでもないと、なかなか石川酒造さんまで行か…

麦酒礼賛46 - トラピスト ロシュフォール6

ベルギービールに突入します。シメイは飲んでましたが、他はまだでした。 ということで第1弾は、ロシュフォールにしました。専用の聖杯型グラスは持っていないので、いつもので。 ノートルダム・ド・サン=レミ修道院で作られているそうです。6, 8, 10とあり…

ビールできました! ~醸造体験 ビール完成!

仕込んでから、かれこれ、もう1ヵ月以上たちました。 仕込みの様子はこちら。 www.bach51.com 発酵、熟成 主発酵は2~3日くらいで終わったようです。ここから長ーい、熟成です。1ヵ月くらい。熟成の最後の方で、ラズベリーの果実を投入。仕上げですね。 ボ…