ばっは51のビール歩き

ビールのあれこれ話します。

訪問記12 VERTERE (バテレ) ~奥多摩

VERTERE (バテレ)JR奥多摩駅そばに、ひっそり佇むブルーパブです。 タップルーム+売店 と カフェに分かれています。 タップルームは駅前から見えます。グレー基調なのでちょっとわかりにくいですが、高感度な感じでいいですね。 カフェは、タップルーム横…

麦酒礼賛49 - フルセイル アンバー

米国の古株ブルワリー、フルセイルのアンバーエールです。 ビールの好みって、人それぞれですが、あまりこのあたりのSRMのビールは好きって聞かないですが、私は結構好きだったりします。はい。元々は常陸野さんのアンバーエールなんかを飲んでたんですが、…

麦酒礼賛48 - 伝説のホップ SORACHI 1984

いよいよ、一般小売に出始めましたね。SORACHI 1984。 心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。 日本が誇る伝説のホップ「ソラチエース」。今、復活の狼煙が上がった、とでもいいましょうか。これからの時代、日本のクラフトビールってなんだ?と聞…

麦酒礼賛47 - Saison Dupont セゾンデュポン

ベルギー第2弾。セゾンデュポンです。飲みやすい! その一言です。ドリンカビリティが優れている、というんでしょうかね。 アルコール度数は6.5%あるけど、すいすいいけちゃう。この330ml瓶だと、「一瞬」で終わります。これだと、大瓶の方がいいかなと思い…

訪問記11  Beer Dialogue ~石川酒造

ビアジャーナリストの小暮さんが企画してくれたイベント「Beer Dialogue」。福生の石川酒造さんで開催されました。(やっと書けました。) こんなワクワクするイベントは久しぶりです♪ 行ってきました~。イベントでもないと、なかなか石川酒造さんまで行か…

麦酒礼賛46 - トラピスト ロシュフォール6

ベルギービールに突入します。シメイは飲んでましたが、他はまだでした。 ということで第1弾は、ロシュフォールにしました。専用の聖杯型グラスは持っていないので、いつもので。 ノートルダム・ド・サン=レミ修道院で作られているそうです。6, 8, 10とあり…

ビールできました! ~醸造体験 ビール完成!

仕込んでから、かれこれ、もう1ヵ月以上たちました。 仕込みの様子はこちら。 www.bach51.com 発酵、熟成 主発酵は2~3日くらいで終わったようです。ここから長ーい、熟成です。1ヵ月くらい。熟成の最後の方で、ラズベリーの果実を投入。仕上げですね。 ボ…

訪問記10 キリンさんのイベント参加。 ~立川シネマカフェ

タップマルシェがある立川シネマカフェさんで、キリンさんのイベントがあったので参加。キリンの社員の方が、プレゼンをしながらビールを試飲する感じのイベントでした。内容は別に・・ですが、改めて思ったことは、やっぱいいグラスに入れて味わうと違う、…

麦酒礼賛45 - インドの青鬼 ヤッホーブルーイング

はーーー、にがい!インドの青鬼だ! 最近、繊細な奥ゆかしい日本的なビールを飲んでいたので、ここらで一発、ガツンとくるやつを、と思い、久しぶりに手に取った「インドの青鬼」。 最初はちょっとこの苦さはきついな~、と思っていた時期がありました。い…

麦酒礼賛44 - Daydream Spring Valley Brewery

ザ・ジャパニーズ・ウィート。来ましたね~。突ってますが、奥ゆかしい。 ベルジャン・ウィートのコリアンダー、オレンジピールの代わりに、山椒と柚子。日本のウィートって言えるように期待したい。 私的には、もっと主張してもいいように思いますが、「奥…

luteduo 好きな動画 No.1

今回はビールは一休み。音楽の話題です。皆さん、バロックリュートやバロックギターはご存じでしょうか?ヨーロッパのバロック時代(バッハの時代!)に使われていた楽器です。リュートは中世からルネサンス、バロックとどんどん大型化し低音弦が追加され変…

麦酒礼賛43 - on the cloud Spring Valley Brewery

ちょっと、SVBが続くかな。 on the cloud .. 雲の上?ネルソン・ソーヴィンというホップを使った白ビールです。 白ワインソーヴィニヨン・ブランへのオマージュでしょうか。ネルソン・ソーヴィニヨンホップ、ブリュードッグのパンクIPAでもフレーバーとアロ…

麦酒礼賛42 - JAZZBERRY Spring Valley Brewery

「・・麦芽とホップに、ラズベリー果汁とワイン酵母・・ ・・異質な素材のセッションからうまれた”JAZZBERRY”・・」 という宣伝文句です。 たまにはフルーツビールを、と思い、試しに入手。 グラスに注ぐと、ちょっとブロンドが入った奇麗なピンク。見た目は…

びあけんマスターズへの道 No.10  ~中世 カール大帝からウィルヘルム4世

久々にお勉強。いやサボっていたわけではないですよ。いろいろ本は読んでましたし。どっちかって言うと飲んでる方が多かったけど(笑)。 で、昔の話しの続きです。 中世ですね。8世紀頃。ビールを作っていたゲルマン人が、フン人に追いやられ、ヨーロッパ全…

麦酒礼賛41 - INDIE ブリュードッグ

このINDIE。この破格値で一切手抜きのない仕上がりのペールエール。我々は、このブリュードッグの挑戦に称賛を送るべきではないだろうか。 美味しいクラフトビールを飲むためは、ある程度出費を覚悟しないと現状は厳しい。しかし、クラフトビールを金持ちの…

麦酒礼賛40 - Sweet Vanilla Stout サンクトガーレン

ちまたでは、チョコレートなどがバカ売れする時期ですね。明日は決戦の方もいらっしゃることでしょう。 彼はビール好きでしょうか?そんな彼をメロメロにするビールをご紹介します。 サンクトガーレンのSweet Vanilla Stoutです。 ビールマニアの方には、ち…

麦酒礼賛39 - ラオホビア・メルツェン  シュレンケルラ

燻製されたモルトを使って醸造されてるビールです。 なぜ、燻製??と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。 まだ倍燥炉が無かった時代に、ブナ材を燃やして倍燥・焙煎して麦芽を作っていて、それがいまだにスタイルとして残っている、ということですね。…

麦酒礼賛38 - DARK MATTER IPA うちゅうブルーイング

やっと出会えました!うちゅうさんのビール。なかなか会えなくて恋い焦がれて。。(なんか昔の歌みたいになってきた。) で、やっと、SEKIYAさんでみーつけた。 今回はDARK MATTER IPAにしました。 うーーん、鮮烈~。まじ旨。フレッシュ!!ヘイジ~。ビー…

ビール仕込んできました! ~醸造体験 at Shared Brewery

八王子のShared Breweryさんで醸造体験をしてきました! 今回はトヨダビールの実行委員長である増島さんが発起人で仲間を集めてくれて実現しました。なかなか人を集めるのは大変です。増島さんありがとうございます。 仕込みの流れについて、順を追ってお話…

訪問記9 CRAFT! KUNITA-CHIKA ~国立

SEKIYAさんの地下にあるビアパブです。ここで、イベントがあったので参加。 ・アオイブリューイング・一騎醸造・掛川ファームブルーイング の3者と、そのコラボですね。(一騎醸造さんは、今のところコラボのみ?) 3,000円払ってチケットを購入し、300円で…

「りんな」にビールのこと聞いてみた。

ご存じですか?「りんな」って。日本マイクロソフトが開発した会話ボット。設定は女子高生らしい。今日、たまたま、りんなのことを会社で聞いたので、早速会話してみた。LINEで友達検索すると出てくる。 今日聞いた話しでは、AIの技術で会話っていうのはかな…

麦酒礼賛37 - チョコレートスタウト ベアレン醸造所

何気なーく、通りかかった某大手コンビニにふらっと入って、アルコールコーナーを物色していたら、ん?なぜ?ヤッホーの青鬼の列の一番前に、ぽつんと1本だけなぜか、ベアレンさんのチョコレートスタウトがあった。なんかパッケージの熊さんに見つめられてい…

JAPAN BREWERS CUP 2019  ~横浜 大さん橋ホール

行ってきました。強風にあおられながら(笑)。なんと45社もの出店(資料にない牛久シャトーさん含めると46社)! こんな数のイベントはクラフトビールではなかなかできないですよね。各お店の写真をどうぞ。 そして、ビールの種類は、公式発表でなんと320以…

JAPAN BREWERS CUP 2019 行きます!

あ~、楽しみ♪ 明日(26日)行きます。 乾杯! japanbrewerscup.jp

麦酒礼賛36 - ラオホ  富士桜高原麦酒

記念すべき50回目の投稿です。意外と早かった。 今回の麦酒は、富士桜高原さんのラオホです。 ブナのチップで燻煙している麦芽を使用しているそうです。 ドイツの都市、バンベルク地域特有のビールですね。麦芽の焙燥は乾燥炉と言われる場所で行うのですが、…

訪問記8 SEKIYA(せきや) ~国立

SEKIYAさん、行ってきました。奇麗な酒屋さんですね~。ビルを建て替えたばっかりなんでしょうか。駅から近いので、助かります。 ド~~っと、並んだクラフトビールを見てると、それだけで嬉しくなります♪こちらは、輸入ビールと国内ブルワリーのビールのバ…

びあけんマスターズへの道 No.9  ナミビアのビール消費

ビール業界のシェア公表を2019年分から公表を中止するというニュースがでました。PB(プライベートブランド)のビールについて製造側のシェアに入れるのか入れないのかで、業界大手同士が対立したのが原因らしい。 まぁ、そんなことはさておき。 キリンビール…

麦酒礼賛35 - LUCKY BOAR Kizakura

飲んでみるもんですね。ごめんなさい、正直期待していなかったのです。いや、うまい、これ。旨味セッションIPA「LUCKY BOAR」 幸運の猪。 黄桜さんと言えば、日本酒のイメージが強すぎて、なぜビール?と思っていました。で、これは、亥年の限定醸造らしいの…

びあけんマスターズへの道 No.8  ~古代エジプト、ヨーロッパ

さて時代は下って、古代のエジプト。紀元前2,000年頃。この時代でもまだ麦芽パンを作ってからビールを作っていたようです。ピラミッドの内部にある壁画に醸造らしき様子を描いたものがあるのだとか。味付け(酸化を防ぐため?)のためにいくつかの薬草(ウイ…

ナノブルワリーの救世主なるか? ~ベストビアジャパン

先日、週間ダイヤモンド(第107巻、お酒の特集)を読んでいたら、ベストビアジャパンの紹介記事が出ていた。www.bestbeerjapan.com おっと思いましたね。というのも、ナノブルワリーにとって頭の痛いであろう、樽の確保や樽のレンタル、回収のサービスをする…