ばっは51のビール歩き

ビールのあれこれ話します。

麦酒礼賛(飲んだビールの紹介) 

麦酒礼賛74 - BERRY MANIFLOW ~Mikkeller NYC

サワーは苦手なくせに、買ってしまった。このラベルの人、なんかどこかで見たような気がするだよね。。あ、なるほど、バリーマニロウだ。そのオマージュなんですね。 スタイルは、ベルリーナ・ヴァイセ。ブラックベリーとブラックラカント(黒スグリ)を入れ…

麦酒礼賛73 - 丸森ゴールド ~世嬉の一酒造

元々は、GM7さんという会社が世嬉の一酒造(いわて蔵ビール)さんに醸造依頼し、GM7さんで発売する、ということだったようですが、先日の台風でGM7さんが浸水被害を受けてしまい、営業ができなくなっているそうです。そこで、代わりに世嬉の一酒造さんが販売…

麦酒礼賛72 - WALKING DEAD RAMBLING SOCIETY ~BREWDOG

何なんだこのパッケージは。。本当に意味わからん。 スリラーを思い出したよ。マイケルの。でも買ってしまった。笑。 BREWDOGで外したことはないので、買ってしまう。 BRUT IPAです。あ~、 うまい。切れてますね~。辛い。そして、上品ですね。シャンパン。…

麦酒礼賛71 - 僕ビール、君ビール。屋上のジョン ~ヤッホーブルーイング

先日、箕面ビールの「ホッピーヴァイツェン」というのを樽生で飲んだけど、最近、小麦系とそれ以外のハイブリッドなビールを見るようになってきた。 この「屋上のジョン」も、ちょっとした変化球。ヴィットビアとペールエールのハーフ?的な。 どちらかとい…

麦酒礼賛70 - HOP SCRUM(ホップスクラム)IPA ~Far Yeast Brewing

ラグビーW杯。準決勝も終わって、いよいよ、決勝ですね。昨日のニュージーランド(オールブラックス) VS イングランド戦は凄かったですね。正直、オールブラックスがノットリリースザボールを連発していたのは、イングランドのファールなんじゃ? と思って…

麦酒礼賛69 - Cultivator ~ヨロッコビール

飲みたかったやつ。やっと飲めた。 The Slop ShopでなんとヨロッコビールのTap Takeoverイベントをやると!出足が遅れて、行ってみると、もう凄い人で。。中に入れないくらいだった。それでも、何とか入って、2杯ほど、サクッといただいた。で、ヨロッコビー…

麦酒礼賛68 - "Maduro" BROWN ALE ~CIGAR CITY BREWING

先日、たまたま買ったCIGAR CITY BREWINGのMaduro。ニューキャッスルみたいな感じかな、と思って買ったんですが、注いでみると、ん? 黒い。。 これ、スタウト? と、言う感じの見た目。飲んでみると、お、意外と軽い感じ。これ、どっかで飲んだような。。あ…

麦酒礼賛67 -  ヴァイツェン ~富士桜高原麦酒

ザ・ヴァイツェン、と言っていいでしょうかね。 きっとヴァイツェン好きにはたまらないのではないでしょうか?クローブとバナナの香りが、小麦の甘さとあいまって、フルボディだけど爽やかな調和を生み出しています。 苦いのは苦手、とか、モルティな感じは…

麦酒礼賛66 - Hip Dunkel~Mikkeller NYC

Mikkellerですが、ガチのミュンヘナー・デュンケルです。どうもね、こう秋めいてくると、中等色のビールが恋しくなったりするんですよ。 正直、Mikkellerのラベルは好きじゃないのですが、味はいいので買っちゃいますね。いろいろある中で、ど真ん中のデュン…

麦酒礼賛65 - 22HOPS NEIPA~伊勢角屋麦酒

22種類のホップですか。。22周年記念ということですが、いくら何でも入れすぎじゃないでしょうか。。そりゃ、まぁ、美味しいですけどね。 Cluster、Kent Goldings、Glacier、Saphir、Cascade、Willamette、Pacifica、Centenial、Falconer's Flight、Equanot…

麦酒礼賛64 - FRESH HOP IPA ~サンクトガーレン

フレッシュ!フレッシュ!フレーッシュ! 夏の扉が閉まるころ、フレッシュビールの扉が開きます。 国産ホップ第1号の「かいごがね」をふんだに使ってドライホッピングしたIPA。素晴らしいです、これ。 アロマを感じようと鼻をグラスに近づけると、そこはホッ…

麦酒礼賛63 - サッポロクラシック ~サッポロビール

ビールが好きと公言していると、お土産にビールをもらうことがありますね。北海道に遊びに行った知人からいただきました。「サッポロクラシック」嬉しい限りです。ビールの方からどんどん集まってくれるといいなぁ。笑 ホッホクルツ製法で醸造、、ということ…

麦酒礼賛62 - モリキネビール ~石見麦酒

森鴎外記念館に伺った祭にゲットしたビールです。森鴎外の故郷、島根にある石見麦酒(いわみばくしゅ)で醸造です。 石見空港で採蜜したはちみつが入っているそうです。酵母をろ過してないようで、ボディはフルめです。 泡もしっかりモクモク立ち上ります。…

麦酒礼賛61 - MASTER'S DREAM 山崎原酒樽熟成ブレンド ~サントリー

ちょっとしたミーハー根性で購入。熟成期間は書いてないな。。どんだけ寝かしたんだろう。お、ABVは7%なんだ。意外と高いな。 さて、お味はと。。ん? ん~ん。 まぁ、そうだよな。。 なんかウィスキーをオマージュしたビール。ウィスキーベースのビアカク…

麦酒礼賛60 - PHASER HAZY IPA ~ECLIPTIC

やって来ました、NewEngland(NE) IPA! オレゴンからです。酵母など無濾過です。注ぎ方に注意。最後はトロっと、酵母とホップが。。 大麦麦芽の他に、オーツ麦と小麦が使われています。ホップは、Citra, Azacca, Mosaic, Motueka, Calypso ゆっくり飲んでも、…

麦酒礼賛59 - Henry Jagger ~Mikkeller

遅ればせながら、初ミッケラーです。先日、たまたま手に入り、どきどきしていただきました。 ご存じの方も多いと思います、このMikkeller。ファントムブルワリーで自前の醸造所を持たず、委託して作ってもらうんですね。 このHenry Jaggerは、ノルウェーなの…

麦酒礼賛58 - DEAD PONY CLUB ~BREWDOG

あ~~~、うまい。 シムコー、シトラ、モザイクで素敵な柑橘のハーモニーを奏でています。セッションペールエールなんで、ABVは3.8%と低いのですが、ヘイジーなトロっとしたフィールなので、飲みごたえ&幸せ感満載です。 パンクIPAが好きな人は多いかもし…

麦酒礼賛57 - 諏訪浪漫 しらかば ~麗人酒造

いわゆるケルン「ケルシュ」タイプのビールです。インターナショナル・ビアカップ2018のケルンスタイル・ケルシュ部門で銀賞受賞してるんですね。 ケルシュ風のビールは、あまり好きだって人は聞かないんですけど、私は結構好きなスタイルです。前に近くの酒…

麦酒礼賛56 - FIRST CROSSING ~SVB

「渋谷一号踏切」SVB東京が開業した場所だ。そんな意味が込められた「FISRT(一号) CROSSING(踏切)」伝統と革新が交錯するアンバーエールに仕上げている。 自分の中で、どのビアスタイルが好きかな、と思った時に、上位に食い込むのが「アメリカン・アン…

麦酒礼賛55 - 瑠璃(Ruri) ~COEDO

私は基本エールなんですが、たまにはラガーも飲みます。日本の大手のビールも飲みますが、やはりこれです。 COEDOの「瑠璃(Ruri)」 ピルスナーで、グラスに注ぐと真っ白な泡がもこもこと印象的です。飲むとスッキリで何にでも合う。でも、ちょっと後味が普…

麦酒礼賛54 - Premium YEBISU THE HOP ~サッポロビール

エビスの「ザ・ホップ」ネーミングからすると、さぞかしインパクトのあるアロマなんだろう、と思っていましたが、いや~、上品ですわ。 ハラタウとザーツ。確かに普通のエビスよりかは明らかにホッピーです。でも、その度合いが、「ほのか」なんですよね。い…

麦酒礼賛53 - TOKYO BLUES GOLDEN ALE ~石川酒造

人生山あり谷あり。いい時もあれば、悪い時もある。そんな東京の人達に寄り添いたい、というコンセプト。ブルースで自分の魂を叫びとしてを歌い上げ、その片隅にこのビールを置いて。 ゴールデンエールって言うので、明るい感じを予想していたら、派手ではな…

麦酒礼賛52 - 僕ビール、君ビール。満天クライマー ~ヤッホーブルーイング

きました~。Brut IPA(ブリュットアイピーエー) !いち早く挑戦ですね。ヤッホーさん。 柑橘系のアロマがしっかりとあり、ホップの苦みがいいバランスできいてて、それでいつものIPAならボディが来るぞ!と思いきや、後味がスッと消える。 凄い切れ味。なん…

麦酒礼賛51 - スクログ・グロッグ REVISION

This is a HazyIPA! シトラ、モザイク、ギャラクシーといった今をときめくホップに、少ーし、乳糖を加えて、幸福感増し増しにしたREVISIONのヘイジーIPAです。さまざまなフルーツの華やかなアロマと、とろっとした感じ、さらに乳糖の甘さが素晴らしいハーモ…

麦酒礼賛50 - BREWDOG ELVIS JUICE

GRAPEFRUIT INFUSED IPAです。グレープフルーツだけでなくオレンジも入れて仕込んでますね。 ジュースって言っても、日本で言ういわゆる「ジュース」なんて感じじゃないですよ。あくまでも、IPAです。名前で勘違いしてはいけません。アルコール度数も6.5%あ…

麦酒礼賛49 - フルセイル アンバー

米国の古株ブルワリー、フルセイルのアンバーエールです。 ビールの好みって、人それぞれですが、あまりこのあたりのSRMのビールは好きって聞かないですが、私は結構好きだったりします。はい。元々は常陸野さんのアンバーエールなんかを飲んでたんですが、…

麦酒礼賛48 - 伝説のホップ SORACHI 1984

いよいよ、一般小売に出始めましたね。SORACHI 1984。 心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。 日本が誇る伝説のホップ「ソラチエース」。今、復活の狼煙が上がった、とでもいいましょうか。これからの時代、日本のクラフトビールってなんだ?と聞…

麦酒礼賛47 - Saison Dupont セゾンデュポン

ベルギー第2弾。セゾンデュポンです。飲みやすい! その一言です。ドリンカビリティが優れている、というんでしょうかね。 アルコール度数は6.5%あるけど、すいすいいけちゃう。この330ml瓶だと、「一瞬」で終わります。これだと、大瓶の方がいいかなと思い…

麦酒礼賛46 - トラピスト ロシュフォール6

ベルギービールに突入します。シメイは飲んでましたが、他はまだでした。 ということで第1弾は、ロシュフォールにしました。専用の聖杯型グラスは持っていないので、いつもので。 ノートルダム・ド・サン=レミ修道院で作られているそうです。6, 8, 10とあり…

麦酒礼賛45 - インドの青鬼 ヤッホーブルーイング

はーーー、にがい!インドの青鬼だ! 最近、繊細な奥ゆかしい日本的なビールを飲んでいたので、ここらで一発、ガツンとくるやつを、と思い、久しぶりに手に取った「インドの青鬼」。 最初はちょっとこの苦さはきついな~、と思っていた時期がありました。い…